なかた美術館 奥山民枝展

潮見町、なかた美術館で尾道大学美術学科 教授奥山民枝さんの油彩画展「いのちを描く」 が16日から始まりました。奥山さんは、東京芸術大学卒業後、 名誉留学生としてスペイン王立三フェルナンド美術大学に留学。その後、ユーラシア大陸横断や北米横断するなど旅を続け、 そこで得た感銘や自身の宇宙観を軸に、いのちに対する感動や神秘を表現しています。92年には第35回安井賞を受賞し、国内外で幅広く活躍しています。

今回の展覧会では、初期の作品や鉛筆画「手のなかのいのち」 シリーズをはじめ、簡明な構図で山や太陽の姿を描いた作品群まで、 版画や日本画の素材を使った作品なども交え100点を一堂に展示しています。奥山さんは 「私が女性画家としてやって来た軌跡を若い学生に、特に女性で芸術家を目指す学生に見てほしいです」と話しました。
油彩画 展「いのちを描く」は、55日まで、なかた美術館で開かれています。

関連記事

ブログカレンダー

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 2024-2-15

    R5年度 小林和作奨励賞 谷本万莉奈さん

    尾道市立大学 大学院 美術研究科 絵画研究分野 1年生から今後の尾道市の美術振興に寄与することが…
                       
ミッチー
 
インターネットサイマルラジオ
リスナープレゼント
番組へのメール
番組表
パーソナリティー紹介
 

番組パーソナリティー

石川のりこ石川 のりこ
➡ブログを見る
 
 
柿原裕子柿原 裕子
➡ブログを見る
 
ジョニージョニー
➡ブログを見る
 
てんこてんこ
➡ブログを見る
 
四辻 由美子原田 真弓
➡ブログを見る
 
村田 佳奈子村田 佳奈子
➡ブログを見る
 
四辻 由美子四辻 由美子
➡ブログを見る
ページ上部へ戻る