下水道計画見直し

尾道市は21日 午後、公共下水道全体計画の見直しについて、説明会を開きました。
それによりますと、尾道市は、宅地化が進み人口が増えた平原台、竜王台、東新涯の3つの地域を新たに事業認可区域に追加する一方、認可区域でも山波や高須の一部は、道路が狭く事業費が割高で、水洗利用の人口も少ないことから事業を先送りし、浄化槽設置の補助対象区域にして、汚水処理を進める方針です。尾道市下水道課の話しでは、「合併浄化槽と併設しながら、需要が見込め、工事費がかさまない事業効率のよい地域は、今後も公共下水道で対応したい」としています。

関連記事

ブログカレンダー

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 2020-10-13

    尾道駅からテナント撤退

    去年3月に建て替えオープンしたばかりの尾道駅で、テナント4店を事業運営する常石グループのTLB(株)…
                       
ミッチー
 
インターネットサイマルラジオ
リスナープレゼント
番組へのメール
番組表
パーソナリティー紹介
 

番組パーソナリティー

石川のりこ石川 のりこ
➡ブログを見る
 
大淵 法子大淵 法子
➡ブログを見る
 
柿原裕子柿原 裕子
➡ブログを見る
 
ジョニージョニー
➡ブログを見る
 
てんこてんこ
➡ブログを見る
 
四辻 由美子原田 真弓
➡ブログを見る
 
村田 佳奈子村田 佳奈子
➡ブログを見る
 
四辻 由美子四辻 由美子
➡ブログを見る
ページ上部へ戻る