市が非違行為職員を処分

尾道市は2日、上司や同僚に対する暴言威嚇などの非違行為を繰り返してきた、下水道課技師の男性職員(55)を331日付で分限免職にしたと発表しました。男性職員は、平成14年から昨年までに、職務命令に従わないなどの理由で4回の戒告や停職処分を受けてきましたが、一向に態度が改まることはありませんでした。2か月間の停職処分から職場復帰した今年210日以降も、停職に係る報告書の提出も拒否するなど改善が見られない状態でした。市では、このような非違行為に対し、公務員としての適格性に欠けるものと判断、地方公務員法の規定に基づき分限免職にしたものです。なお、懲戒処分ではないため、男性職員には、約2000万円の退職金が支払われるということです。

関連記事

ブログカレンダー

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 2020-11-9

    千光寺展望台工事決まる

    千光寺公園頂上エリア、展望台付近のリニューアル工事が始まることになりました。設計やり直しや入札不調が…
                       
ミッチー
 
インターネットサイマルラジオ
リスナープレゼント
番組へのメール
番組表
パーソナリティー紹介
 

番組パーソナリティー

石川のりこ石川 のりこ
➡ブログを見る
 
大淵 法子大淵 法子
➡ブログを見る
 
柿原裕子柿原 裕子
➡ブログを見る
 
ジョニージョニー
➡ブログを見る
 
てんこてんこ
➡ブログを見る
 
四辻 由美子原田 真弓
➡ブログを見る
 
村田 佳奈子村田 佳奈子
➡ブログを見る
 
四辻 由美子四辻 由美子
➡ブログを見る
ページ上部へ戻る