番組へのメール 番組へのお問合せ

尾道商業会議所記念館入館者60万人

尾道商業会議所記念館の入館者が7月1日(月)午前、60万人に達し、節目の入館者となったフランス パリ在住の会社員 アナイス・ファヴィエさん(27歳)に尾道帆布製のバッグなどの記念品と認定証が、岡田正弘尾道市産業部長より手渡されました。

IMG_0135.JPG

アナイス・ファヴィエさんは、日本と日本語が好きで、日本観光に来日し、尾道には一昨日より訪れたということです。昨年1年間千葉県で日本語を勉強したというアナイス・ファヴィエさんは、記者の取材に「はじめて尾道に来ました。美しいまちですね。古いお寺、猫の細道は、とても面白かった」と流ちょうな日本語で答えました。
尾道は港町として栄え1892年、全国で30番目に商業会議所が設立されました。商業会議所記念館の建物は会議所設立30周年の1923年に建設されたもので、平成18年3月に復元改修、商業会議所記念館としてオープンしました。観光客の休憩や案内、商業史に関する資料展示などを行っています。
IMG_0136.JPG