アサリ回復へ 産学官で実証試験

松永湾周辺の漁協などで構成する松永湾水産振興協議会は尾道市、広島大学、中国電力と産学官連携でアサリを中心とした生態系の回復へむけた実証試験を開始します。
17日 午前、尾道市役所で締結式を開きました。

実証試験では東尾道の干潟を候補地として石炭火力発電所から発生する石炭灰を使って作ったHiビーズという粒状の素材を散布。Hiビーズには藻類が付着しやすくアサリのエサ環境を改善するほかエイなどによる食害防止も期待できるということです。
広島湾ではヘドロの堆積、水質が改善して生物が戻るなどの効果が出ています。

尾道市の平谷祐宏・市長は「尾道の豊かな海を取り戻したい」と話していました。

関連記事

ブログカレンダー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 2020-9-23

    山陽工業が市へ寄附

    山陽工業は創業70周年記念事業の一環として、尾道市に1000万円寄附しました。9月23日午後2時から…
                       
ミッチー
 
インターネットサイマルラジオ
リスナープレゼント
番組へのメール
番組表
パーソナリティー紹介
 

番組パーソナリティー

石川のりこ石川 のりこ
➡ブログを見る
 
大淵 法子大淵 法子
➡ブログを見る
 
柿原裕子柿原 裕子
➡ブログを見る
 
ジョニージョニー
➡ブログを見る
 
てんこてんこ
➡ブログを見る
 
四辻 由美子原田 真弓
➡ブログを見る
 
村田 佳奈子村田 佳奈子
➡ブログを見る
 
四辻 由美子四辻 由美子
➡ブログを見る
ページ上部へ戻る