原爆の日に「父と暮らせば」上映

広島原爆の日に合わせ、尾道市は映画「父と暮らせば」の鑑賞会を8月6日、しまなみ交流館で開きました。映画は、原爆で死んだ父親が、生き残った罪に苦しむ娘の前に現れ、原爆後を生きることについて話します。娘は父と話す中で、希望をみいだすというものです。会場のロビーには原爆被害の写真パネルと映画の原作者、井上ひさしさんの平和へのメッセージが展示されました。来場者は配られた折り紙で、平和の願いをこめて鶴を折りました。

関連記事

ブログカレンダー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 2020-9-18

    市立美術館で山本二三展

    尾道市立美術館で「日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展」が9月19日から始まります。一般公開…
                       
ミッチー
 
インターネットサイマルラジオ
リスナープレゼント
番組へのメール
番組表
パーソナリティー紹介
 

番組パーソナリティー

石川のりこ石川 のりこ
➡ブログを見る
 
大淵 法子大淵 法子
➡ブログを見る
 
柿原裕子柿原 裕子
➡ブログを見る
 
ジョニージョニー
➡ブログを見る
 
てんこてんこ
➡ブログを見る
 
四辻 由美子原田 真弓
➡ブログを見る
 
村田 佳奈子村田 佳奈子
➡ブログを見る
 
四辻 由美子四辻 由美子
➡ブログを見る
ページ上部へ戻る