奨学金医学生が平谷市長表敬

将来、市内で勤務することを条件に今年度からスタートした医師確保奨学金貸付事業で、給付が決まった医学生4人が19日 午前、尾道市役所の平谷祐宏・市長を表敬訪問しました。医学生は、大阪市出身で元尾道高校ラグビー部、近畿大学医学部1年の小野直登さんら4人の男子学生で、平谷市長は「しっかり学んで、素晴らしいドクターになり尾道の地域医療に貢献してください」と呼び掛けました。
医学生への奨学金は今年度新設された制度で、学生6年間、研修医2年間にわたり月額20万円以内を貸付け、研修後、尾道市の公立病院に勤務したときに貸付金が全額免除されます。
尾道市では、医師確保のため来年度以降も継続して続けていくことにしています。

関連記事

ブログカレンダー

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 2020-11-9

    千光寺展望台工事決まる

    千光寺公園頂上エリア、展望台付近のリニューアル工事が始まることになりました。設計やり直しや入札不調が…
                       
ミッチー
 
インターネットサイマルラジオ
リスナープレゼント
番組へのメール
番組表
パーソナリティー紹介
 

番組パーソナリティー

石川のりこ石川 のりこ
➡ブログを見る
 
大淵 法子大淵 法子
➡ブログを見る
 
柿原裕子柿原 裕子
➡ブログを見る
 
ジョニージョニー
➡ブログを見る
 
てんこてんこ
➡ブログを見る
 
四辻 由美子原田 真弓
➡ブログを見る
 
村田 佳奈子村田 佳奈子
➡ブログを見る
 
四辻 由美子四辻 由美子
➡ブログを見る
ページ上部へ戻る