尾道のピオーネ本番

大粒品種で糖度が高いピオーネの出荷が尾道市北部の原田町を中心に本番を迎えています。7月上旬にはハウス加温栽培ものから出荷が始まり、露地栽培ものが10月上旬まで続きます。高温の気象が続くなか、生産者の努力によって高糖度で着色・粒張りも良く高品質な出来になっています。今年度は75トンの出荷量が見込まれ、広島市内・山口県を中心に出荷されます。尾道のぶどうと言えばデラウェアが有名ですが、近年「大きい」「種がない」など食べやすさが人気で全体の3割以上がピオーネの栽培になっています。高須町で脱サラ後、ぶどう作りに励む穏地隆則さん(43)は「今年は房も大きく良好な出来。高温と乾燥が続きそうだが、尾道の美味しいぶどうを消費者に届けるため徹底した管理を行う」と意気込みを見せています。

関連記事

ブログカレンダー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 2020-9-23

    山陽工業が市へ寄附

    山陽工業は創業70周年記念事業の一環として、尾道市に1000万円寄附しました。9月23日午後2時から…
                       
ミッチー
 
インターネットサイマルラジオ
リスナープレゼント
番組へのメール
番組表
パーソナリティー紹介
 

番組パーソナリティー

石川のりこ石川 のりこ
➡ブログを見る
 
大淵 法子大淵 法子
➡ブログを見る
 
柿原裕子柿原 裕子
➡ブログを見る
 
ジョニージョニー
➡ブログを見る
 
てんこてんこ
➡ブログを見る
 
四辻 由美子原田 真弓
➡ブログを見る
 
村田 佳奈子村田 佳奈子
➡ブログを見る
 
四辻 由美子四辻 由美子
➡ブログを見る
ページ上部へ戻る