市立美術館で東日本大震災の記憶展

尾道市立美術館で「東日本大震災の記憶」展が7月5日から始まりました。宮城県気仙沼市にあるリアス・アーク美術館が、東日本大震災による大津波の被害の実態を記録、調査する中で撮影した写真287点と蒐集した被災物を展示するものです。リアス・アーク美術館の学芸員、山内宏泰さんは「尾道のロケーションは気仙沼によく似ています。東南海地震の津波に襲われると、尾道も長時間浸水するでしょう。火災の発生の恐れがあります。写真から防災の意識を読み取ってください」と話しました。会期は8月31日までとなっています。

関連記事

ブログカレンダー

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 2020-11-9

    千光寺展望台工事決まる

    千光寺公園頂上エリア、展望台付近のリニューアル工事が始まることになりました。設計やり直しや入札不調が…
                       
ミッチー
 
インターネットサイマルラジオ
リスナープレゼント
番組へのメール
番組表
パーソナリティー紹介
 

番組パーソナリティー

石川のりこ石川 のりこ
➡ブログを見る
 
大淵 法子大淵 法子
➡ブログを見る
 
柿原裕子柿原 裕子
➡ブログを見る
 
ジョニージョニー
➡ブログを見る
 
てんこてんこ
➡ブログを見る
 
四辻 由美子原田 真弓
➡ブログを見る
 
村田 佳奈子村田 佳奈子
➡ブログを見る
 
四辻 由美子四辻 由美子
➡ブログを見る
ページ上部へ戻る