新市庁舎4階建てに変更


尾道市は21日午後、庁舎内で定例市長記者会見を開き、新本庁舎の基本設計概要を発表しました。当初、主要階層が5階だったのを4階に変更。概算建築費は78億4千万円を見込んでいます。4階建てへの変更理由としては、当初案では天井が低く圧迫感があるため各階の天井を嵩上げすることし、景観条例の高さ制限24mを超えないように4階にとどめることにしました。また、津波対策を強化するために1階の床も当初から10cm上げ、1.5mにしました。また液状化対策として固い岩盤のある支持層までコンクリート杭を打ち込むことにしています。平谷祐宏市長は「100年使える庁舎をめざし、建物の根本的な魅力向上を目指した変更」と説明しました。(写真:尾道市新庁舎外観イメージ 南西海側より)

関連記事

ブログカレンダー

2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 2020-5-23

    市立学校は6月から通常授業再開

    広島県が昨日、新型コロナウイルス対策で外出自粛や休業要請を全面解除したことを受け、尾道市は今日午前1…
                       
ミッチー
 
インターネットサイマルラジオ
リスナープレゼント
番組へのメール
番組表
パーソナリティー紹介
 

番組パーソナリティー

石川のりこ石川 のりこ
➡ブログを見る
 
大淵 法子大淵 法子
➡ブログを見る
 
柿原裕子柿原 裕子
➡ブログを見る
 
ジョニージョニー
➡ブログを見る
 
てんこてんこ
➡ブログを見る
 
四辻 由美子原田 真弓
➡ブログを見る
 
村田 佳奈子村田 佳奈子
➡ブログを見る
 
四辻 由美子四辻 由美子
➡ブログを見る
ページ上部へ戻る