歴博で高橋玄洋の世界はじまる

久保1丁目、おのみち歴史博物館で、尾道人物伝の第三弾「高橋玄洋の世界」が3日から始まりました。
劇作家・脚本家として、数々の名作をつくり、今も小説や随筆などを発表している高橋玄洋氏は、島根県松江市出身で、終戦後は尾道市で育ちました。尾道短期大学を経て早稲田大学文学部を卒業し、放送作家として活躍。ピーク時には年間100本を超える作品を手がけ、数々の賞を受賞しています。1972年に手がけたNHK連続テレビ小説『繭子ひとり』では、テレビ視聴率歴代20位、ドラマ歴代7位の55.2%を記録。連続テレビ小説の支持率では歴代1位で、今もなお語り継がれています。
尾道人物伝「高橋玄洋の世界」では、シナリオも含めドラマ2千本を正本したものや執筆や福祉運動、文化活動などを資料や写真を交えて紹介しています。また、玄洋氏が生涯の師と仰ぐ小林和作画伯や中川一政画伯の作品も展示しています。
尾道人物伝 高橋玄洋の世界は、来年1月10日まで。

関連記事

ブログカレンダー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 2020-9-23

    山陽工業が市へ寄附

    山陽工業は創業70周年記念事業の一環として、尾道市に1000万円寄附しました。9月23日午後2時から…
                       
ミッチー
 
インターネットサイマルラジオ
リスナープレゼント
番組へのメール
番組表
パーソナリティー紹介
 

番組パーソナリティー

石川のりこ石川 のりこ
➡ブログを見る
 
大淵 法子大淵 法子
➡ブログを見る
 
柿原裕子柿原 裕子
➡ブログを見る
 
ジョニージョニー
➡ブログを見る
 
てんこてんこ
➡ブログを見る
 
四辻 由美子原田 真弓
➡ブログを見る
 
村田 佳奈子村田 佳奈子
➡ブログを見る
 
四辻 由美子四辻 由美子
➡ブログを見る
ページ上部へ戻る