高校生 美術部員が尾道を写生

県内の高校生 美術部員が尾道を写生する第19回「尾道を描く」が4日(月)から始まりました。
高校生が尾道市内の商店街や山肌の石段、寺院や海沿いの防波堤など、それぞれが見つけた場所でキャンバスを立てかけ風景を写生。今年は26校からおよそ200人が参加しています。
炎天下、タオルを首にかけ絵筆を握る生徒の姿は、市民にすっかりお馴染みとなり、夏の風物詩の一つにもなっています。日程は6日(水)までの3日間で、最終日には公会堂別館で閉会式を開いて、表彰式が行われます。

関連記事

ブログカレンダー

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 2021-11-30

    尾道法人会が文化講演会

    尾道法人会は「税を考える週間」の関連事業として、11月29日(月)午後6時半から、尾道駅前 しまなみ…
                       
ミッチー
 
インターネットサイマルラジオ
リスナープレゼント
番組へのメール
番組表
パーソナリティー紹介
 

番組パーソナリティー

石川のりこ石川 のりこ
➡ブログを見る
 
 
柿原裕子柿原 裕子
➡ブログを見る
 
ジョニージョニー
➡ブログを見る
 
てんこてんこ
➡ブログを見る
 
四辻 由美子原田 真弓
➡ブログを見る
 
村田 佳奈子村田 佳奈子
➡ブログを見る
 
四辻 由美子四辻 由美子
➡ブログを見る
ページ上部へ戻る