いちじく出荷 最盛期を迎える

いちじく出荷JA尾道市いちじく部会が生産するいちじく「蓬莱柿」の出荷がこのほど東尾道選果場で始まりました。

4月の低温や乾燥で生育が遅れていましたが、その後の降雨で例年並みの出荷始めになりました。仕上がりは玉太りが良く平均糖度は16度で良好。出荷は8月末頃に出荷ピークを迎え10月下旬まで続きます。同部会は出荷量を約430トン、2億4千万円の販売金額を見込んでいます。
生産者は早朝に収穫した蓬莱柿を色と形によって4等級に分け東尾道選果場へ持ち込みます。JAの検査員が厳しく品質をチェックした後、県内の市場を中心に関西の市場へ出荷します。
蓬莱柿は大正末期に経済栽培が始まっており、昭和初期には港町の地の利を生かして、神戸、大阪へも市場出荷していました。その後、桃や柑橘の栽培が広がり、いちじくの栽培は一時衰退していました。昭和40年代後期から転作田へ導入されるようになり、再び本格的な栽培が始まりました。
現在では尾道市内の沿岸地域を中心に因島地域などで390戸の部会員が栽培しています。砂地土壌で栽培するため、香りが高く濃厚な甘みになるのが特徴。市場からの引き合いが強く、全国でトップクラスのシェアを誇っています。

関連記事

ブログカレンダー

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 2021-3-21

    新型コロナワクチン4月に試行接種

    尾道市は市民向けの新型コロナウイルスワクチン接種を4月18日から開始すると発表しました。 市に…
                       
ミッチー
 
インターネットサイマルラジオ
リスナープレゼント
番組へのメール
番組表
パーソナリティー紹介
 

番組パーソナリティー

石川のりこ石川 のりこ
➡ブログを見る
 
大淵 法子大淵 法子
➡ブログを見る
 
柿原裕子柿原 裕子
➡ブログを見る
 
ジョニージョニー
➡ブログを見る
 
てんこてんこ
➡ブログを見る
 
四辻 由美子原田 真弓
➡ブログを見る
 
村田 佳奈子村田 佳奈子
➡ブログを見る
 
四辻 由美子四辻 由美子
➡ブログを見る
ページ上部へ戻る