ひなまつりにわけぎをPR

ひなまつりにあわせ尾道産のわけぎをPRするキャンペーン(尾道市、JA尾道市が主催)が3日午前10時から駅前しまなみ交流館前広場で行われました。広場に設営されたテントでは、焼きたてのわけぎ餃子とわけぎチヂミが提供され、市民らが試食しアンケートに回答。好天にも恵まれお昼までに約400人が訪れました。わけぎは球根が分かれて増殖することから子孫繁栄の縁起物とされており、関西では昔からひな祭りにわけぎを食べる習慣があるということです。このキャンペーンは全国一の生産量(全国約40%シェア)を誇る尾道のわけぎを市民らにもっと知ってもらい地産地消を呼びかけようと昨年に続き2回目となります。市内では吉和、向島、因島の生産農家172戸(栽培面積53ha)で、年間565を出荷、販売価格は約4億円にのぼります。

関連記事

ブログカレンダー

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    2023年の尾道市の観光客数

    尾道市観光課は2023年の尾道市観光客数などの推計をまとめました。 2023年の観光客は推計で…
                       
ミッチー
 
インターネットサイマルラジオ
リスナープレゼント
番組へのメール
番組表
パーソナリティー紹介
 

番組パーソナリティー

ページ上部へ戻る