尾道大が文学三昧

尾道市立大学芸術文化学部日本文学科による第4回「おのみち文学三昧」が8日、東御所町のしまなみ交流館ホールで開かれました。第1部では、日本文学科内に開設されている尾道市立大学日本文学会による研究発表が行われました。第2部では、広島文教女子大学の森下要治教授が「院政期貴族社会の音楽と文学」と題して平安時代末期の源有仁の音楽活動の話しを行い、続いて琵琶奏者・尺八奏者の長須与佳さんが「21世紀に伝えたい自国の音」と題した話しと「祇園精舎」「扇の的」の平家語りを演奏披露しました。

関連記事

ブログカレンダー

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    2023年の尾道市の観光客数

    尾道市観光課は2023年の尾道市観光客数などの推計をまとめました。 2023年の観光客は推計で…
                       
ミッチー
 
インターネットサイマルラジオ
リスナープレゼント
番組へのメール
番組表
パーソナリティー紹介
 

番組パーソナリティー

ページ上部へ戻る