市立美術館で東日本大震災の記憶展

尾道市立美術館で「東日本大震災の記憶」展が7月5日から始まりました。宮城県気仙沼市にあるリアス・アーク美術館が、東日本大震災による大津波の被害の実態を記録、調査する中で撮影した写真287点と蒐集した被災物を展示するものです。リアス・アーク美術館の学芸員、山内宏泰さんは「尾道のロケーションは気仙沼によく似ています。東南海地震の津波に襲われると、尾道も長時間浸水するでしょう。火災の発生の恐れがあります。写真から防災の意識を読み取ってください」と話しました。会期は8月31日までとなっています。

関連記事

ブログカレンダー

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    2023年の尾道市の観光客数

    尾道市観光課は2023年の尾道市観光客数などの推計をまとめました。 2023年の観光客は推計で…
                       
ミッチー
 
インターネットサイマルラジオ
リスナープレゼント
番組へのメール
番組表
パーソナリティー紹介
 

番組パーソナリティー

ページ上部へ戻る