第4回尾道映画祭レポート

てんこです(^o^)今日も元気ですか?今日から3月だね!

 

昨日、一昨日と、大林宣彦監督への感謝と追悼の想いを込めた「第4回尾道映画祭」が開かれました。

 

人数制限をしての開催でしたが、たくさんの人が会場のしまなみ交流館に集まってたよ!

 

今日は、27日のオープニングセレモニーの様子を写真とともにお伝えしますね♥

 

 

 

開演前、チェロの演奏でお客様をお迎え

 

 

弦楽四重奏の演奏で、映画「転校生」で流れていた「アンダンテ・カンタービレ」や「タイスの瞑想曲」などを演奏されました

 

 

そして、その音楽に合わせて

 

スクリーンには大林監督の想い出の写真が映し出されました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画「ふたり」の挿入歌、大林監督作詞・久石譲作曲の「草の想い」がソプラノで披露されました

 

胸がいっぱいで、泣けそうになりました・・・

 

 

 

平谷市長のあいさつもありました

 

 

 

そして、遺作「海辺の映画館 キネマの玉手箱」でヒロインを演じた、下関出身の女優 吉田玲さんが登場

 

 

大林監督の奥様でプロデューサーの大林恭子さんと娘さんのちぐみさん、キャストの厚木拓郎さん、細山田隆人さん、常盤貴子さん、映画作家の安藤紘平さんたちがリモートで参加して、トークショーがありました

 

 

 

 

 

常盤貴子さんが「本来なら尾道にうかがって、みなさんの前でご挨拶をさせて頂く予定だったんですが」と、とても残念そうにお話しされました

 

娘さんのちぐみさんが「自分も半分は尾道っ子です。心はみなさんと一緒にいます」って言ってくださって、嬉しかった!(^o^)

 

 

尾道から感謝状の贈呈と・・

 

 

花束が贈呈されました♪

プレゼンターをつとめてくれた可愛い2人の男の子は、なんと!名前が「トキオくん」と「カケルくん」 時をかける少女!?

(常盤貴子さんもびっくり!)

 

 

みんなで記念撮影

 

 

そして、尾道で20年ぶりに撮影された遺作「海辺の映画館 キネマの玉手箱」が上映されました。

監督のメッセージがぎっしり詰まった作品でした

 

 

 

上映のあとは、再びリモートでのアフタートーク

 

 

 

大林監督が亡くなったのは寂しいけど、映画を見れば、いつでも監督に会えるんだなあ-、とあらためて感じた時間でした

みんなの心の中に監督はずっと生きてるんですよね

 

 

スタッフのみなさんは、コロナ対策やリモートの準備などなど、それはそれは大変だったと思います。

素敵な時間をありがとうございました♥

 

 

 

外に出たら、すっかり暗くなっていて、駅前の夜景が綺麗だったよ

 

 

 

 

 

 

みんなで安心して尾道に集まれる日が早く来ますように

 

 

 

3月も元気に行こうね!

 

 

また明日(^o^)

関連記事

ブログカレンダー

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 2021-7-16

    19日からワクチン予約再開

    7月16日午前、尾道市役所で新型コロナウイルスワクチン接種推進本部会議が開かれ、現在一旦停止…
                       
ミッチー
 
インターネットサイマルラジオ
リスナープレゼント
番組へのメール
番組表
パーソナリティー紹介
 

番組パーソナリティー

石川のりこ石川 のりこ
➡ブログを見る
 
大淵 法子大淵 法子
➡ブログを見る
 
柿原裕子柿原 裕子
➡ブログを見る
 
ジョニージョニー
➡ブログを見る
 
てんこてんこ
➡ブログを見る
 
四辻 由美子原田 真弓
➡ブログを見る
 
村田 佳奈子村田 佳奈子
➡ブログを見る
 
四辻 由美子四辻 由美子
➡ブログを見る
ページ上部へ戻る