揺籃展始まる

尾道市立大学大学院日本画修了生による作品展「揺籃展」が26日から久保3丁目の尾道市立大学美術館で始りました。10月25日まで開かれています。今回が3回目となるこの展示には、1期生から今春の修了生までの20名が作品を出品。同じ日本画でありながらも多様な表現スタイルを楽しむことが出来ます。
作品解説する藤本さん
展覧会の代表を務める6期生の藤本裕子さんは、象に鮮やかな色の花や植物をあしらった作品「エレファント・リパブリック」など4点を出品。「20名の作家それぞれの個性やスタイルなど変わらないものも含め、尾道で学び育ててもらった私達が、それぞれの道へ進み制作を続ける中での成長をみていただけると思います。」と語っていました。

開館時間は午前10時から午後6時まで、水曜日と木曜日が休館で入館無料です。10月10日には、「パステルを使って空を描こう」と題したワークショップが、10月25日には出品作家によるギャラリートークが行われます。
揺籃展2
 また、土堂丁目の尾道市立大学サテライトスタジオでも10月13日まで作品が展示されています。

関連記事

ブログカレンダー

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 2022-1-6

    尾道市役所駐車場にPCR検査場設置

    広島県は県内の感染拡大防止を図るため、明日から尾道市にPCRセンターを設置することを決めました。 …
                       
ミッチー
 
インターネットサイマルラジオ
リスナープレゼント
番組へのメール
番組表
パーソナリティー紹介
 

番組パーソナリティー

石川のりこ石川 のりこ
➡ブログを見る
 
 
柿原裕子柿原 裕子
➡ブログを見る
 
ジョニージョニー
➡ブログを見る
 
てんこてんこ
➡ブログを見る
 
四辻 由美子原田 真弓
➡ブログを見る
 
村田 佳奈子村田 佳奈子
➡ブログを見る
 
四辻 由美子四辻 由美子
➡ブログを見る
ページ上部へ戻る