2018年度当初予算案概要説明

平谷祐宏市長は20日午前、記者会見を開き4月からの2018年度当初予算案について概要を説明しました。2018yosanan「尾道オリジナル」のまちづくりの加速を掲げ、新たに三井住友銀行尾道支店を買い取って保存・改修し活用することや、千光寺公園内の尾道城を解体して新しく展望広場を整備することなどを事業化すると発表しました。一般会計の当初予算額は、過去最大だった17年度より約10億円多い、673億3000万円です。平谷市長は会見で「尾道オリジナルのまちづくりをさらに加速し、新市建設計画の着実な進捗をはかり、これまで取り組んだ成果を、地方創生、地域の活性化につなげ持続可能な行財政運営を進めたい」と基本方針を説明。その上で「本庁舎などの庁舎整備、クリーンセンター整備事業、小・中学校の改修事業、向東認定子ども園の整備事業など将来を見通した基盤整備を進め地域医療や子育て、教育環境の整備と拡充、交流人口の拡大などを図ることを目的に予算編成した」と説明しました。

関連記事

ブログカレンダー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 2021-9-13

    市立美術館で画家とパレット展始まる

    尾道市立美術館で「画家とパレット 近代の巨匠」が9月11日から始まりました。会場にはピカソ、マティス…
                       
ミッチー
 
インターネットサイマルラジオ
リスナープレゼント
番組へのメール
番組表
パーソナリティー紹介
 

番組パーソナリティー

石川のりこ石川 のりこ
➡ブログを見る
 
大淵 法子大淵 法子
➡ブログを見る
 
柿原裕子柿原 裕子
➡ブログを見る
 
ジョニージョニー
➡ブログを見る
 
てんこてんこ
➡ブログを見る
 
四辻 由美子原田 真弓
➡ブログを見る
 
村田 佳奈子村田 佳奈子
➡ブログを見る
 
四辻 由美子四辻 由美子
➡ブログを見る
ページ上部へ戻る